牽引車の重量変更

せっかく好きなトレーラーを引っ張りたいのに書類上違法な場合の

合法的な対処の仕方です。

すなわち連結検討するための絶対的な数字は車両重量なのです。

この車両重量を変更すればいいのです。

baby トレーラーの車両重量は450キロです。

たとえば牽引車をワゴンRとします。

ワゴンRの車両重量は840キロ

『牽引可能なトレーラーの総重量』は車両重量の半分なので420キロまでです。

こんなときは牽引車の車両重量を書き換えることが出来ます。

これは記載変更といいまして、ワゴンRに60キロ以上の重量を加えて

車両重量を900キロにすればいいのです。

車両重量の変更、法律上プラスマイナス50キロの範囲は記載変更になりません。

プラスマイナス50キロ以上であれば記載変更できます。

車検がある状態であれば記載変更は簡単に出来ます。

車両重量変更後、『牽引可能なトレーラーの総重量』すなわち

連結検討をすればよいのです。

これは合法的なやり方です。

420キロしか牽引できない車で450キロのトレーラーを牽くことは

違法です。そればかりか万が一事故を起こしても適正に保険が降りないこともあります。

要注意です。

ちなみに軽自動車で引っ張る限度は500キロまでとお考えください。

500キロ以上は書類上ちょっと難しくなりますので記載変更ではなく

構造変更になる恐れがあります。

これは軽自動車のフレーム部の強度から書類上、強度を立証することになり

かなり厳しいです。

また一般的に販売されているヒッチメンバーも500キロ以上の物は軽自動車のフレームの

厚さから見て難しいです。

エクストリームでは車両重量変更もお手伝いさせて頂きますので

お気軽にご連絡ください。

Copyright© 2010 移動販売車・屋台製作、移動販売独立開業応援サイト All Rights Reserved.